iPadの登場!
2010/02/01
 
1日までに新規で3名入会され、現在の会員数は121名となっています。
 
登場前から、様々な噂や憶測が飛び交っていましたが、ついに登場しました。iPad!
 
iBooks Storeが英語圏のみ先行するなど、少々残念な部分もありますが、非常に魅力的なデバイスに進化していく予感がしています。
 
私はiPadを最初に見た時、小中学生くらいで初めて使うパソコンの代わりになり得るのではないかと考えました。
 
WindowsにしろMacにしろ、ユーザインターフェースが進化しているとは言っても、OSの操作に関しては全く直感的とは言えません。
 
きちんと教えれば、興味を持った小中学生であれば、ゲーム機同様すぐに使いこなせるようになるでしょう。しかし、PCに触れる前に触れておくべき入門デバイス(と言ってはおおげさかも知れませんが)として、iPadに魅力を感じています。
 
一般的なPCの操作として必要な機能は、Safari / Mail / iWork / iTunesなどの搭載によって、ほぼ可能です。
また、マルチタッチでの画面操作は、あらゆるPCのOSよりも直感的であると言えます(実際、iPhoneは3歳児でも簡単に使いこなせています)
 
App Storeで承認プロセスを経たアプリは、ウイルスとは無縁で、Safariでのブラウジングでは有害サイトの閲覧をブロックする機能も付いています。
 
ある程度ゲーム要素を含んだ、初等教育や中等教育のアプリが充実してくると、楽しみながら学習できるようなスタイルも出来てくるのではないでしょうか。
 
今回はかなりの長文になってしまいましたが、私はiPadにとても大きな可能性を感じています。
今後、一般家庭にWi-Fi環境が整備されていくようになれば、PCがiPadのようなカテゴリのデバイスに置き換わっていく事も充分あり得ますね!